なぜみんなウォーターサーバーを使っているのかその理由と利便性を考えたサイト

>

水について

私たちの体の水分量は全体の60%を占めていると言われています。そして体に必要な水の20%は失われてしまうと、生命の危機だとも言われており、水の存在はとても大きいです。
また、朝グラス一杯の水がどんなサプリよりも体に良いとも言われています。水分をとることで様々な不調を改善してくれます。便秘やむくみ、血液の流れ、体内の動きを活発にし、老廃物を出してくれてすっきりします。

東京の水は不味いと言われており、実家では水道水を飲んでいたという方の上京で驚くことのひとつだと思います。
場所によって水に対する概念が違います。
私の実家は浄水器を使っていましたが、最近は富士山の雪解け水のようなものを公園に汲みに行っています。
1人暮らしを始めた時、水道水を飲むのは抵抗があったので沸騰させてから飲んでいましたが、ただ飲むための水はミネラルウォーターを買うこともありますし、体に害のないものを飲みたいですね。

家庭用飲み水

家庭で飲む水には様々ありますが、今主流となりつつあるのが、ウォーターサーバーです。
実家で浄水器を使っていた私にとっては、ちょっと憧れの存在でありました。
実家を出てからは、水道水とたまにペットボトルの2ℓ6本入り、のようなお水を買う、という形をとっていましたが、たまに買い忘れてしまってこれならウォーターサーバーの方が便利なのでは?と思いつつ、でも結局ペットボトルを買うほうが簡単なのでは?と手間を惜しんでしまっていますが、これから子供のことだったり、重いペットボトルを運ぶことを考えたりすると、便利なのかもしれません。
ただ場所がそのくらい必要なのか、費用面、そもそも水を一ヶ月でどのくらい使っているのか、調べなければいけないことがたくさんあります。
まずは使っている友人に聞いたり、ショッピングセンターなどのイベントに顔を出すのもいいかもしれません。


いつからウォーターサーバーは主流になったのか

この記事をシェアする