なぜみんなウォーターサーバーを使っているのかその理由と利便性を考えたサイト

>

ウォーターサーバーの種類

ウォーターサーバーといえば、部屋の片隅とはいえ結構な存在感のあるイメージでしたが最近の物はかなりスタイリッシュかつ部屋になじむものになっているようです。
ウォーターサーバーのスタンダードなものでいえば、130センチほどの高さで、てっぺんに水の入ったボトルを設置するというものでしょうか。
そこから温水と冷水に分かれる蛇口に行くというものでしょうか。
足元にボトルを設置するものもあり、主に女性が替える機会の多い家庭にはありがたそうですね。
そしてとてもスタイリッシュなミニ!卓上サイズで場所も悩まず、気軽に置けます。
デザインによっては、グッドデザイン賞をとっているものもあり、水の種類でも悩みますが、このデザインでかなり悩まされます。
月々にかかる費用や電気代もどれも少しずつ違うので実物を見て、お試しできるものは使ってみるのも良さそうです。

利用方法

もちろん会社によって、細かい利用方法は違ってきますが、基本は自分たちが使う水の量を決め、日や月単位で送ってもらう周期を決める、というものです。
水の量や周期の変更もインターネットなどで手軽にできるものもあります。
水の入っているボトルも基本は自宅でリサイクルとして出せる物が使われており、環境にも優しく、回収などの手間もないというのも良いですね。

更に水道水直結型というのも出ているようでかなり浄水度の高い浄水器のようなもので、見た目はウォーターサーバーで、確かにこのコンパクトさのどこにウォーターボトルがあるのだろうかと思いました。
卓上サイズの物が全てそうであるというわけではなく、ウォーターパックを入れるというものもあります。
家族の人数や使用量で必要な水の量も考えなくてはなりません。
電気代なども分かりやすく出ているので思っているよりは簡単に始められるのかもしれません。


ウォーターサーバー

この記事をシェアする